人それぞれの風俗の楽しみ方。

人それぞれ、趣味嗜好が違うのですから、風俗の楽しみ方だって人それぞれ。
それが自然だと思います。
お店だって、それに合わせるようにいろんなバリエーションで展開してます。
とてもありがたいことで、いい時代になったと思います。
私は年間3回ほどでしょうか。
東京出張になり、泊まりがけになる時。
家族からはなれ、解放気分で風俗を利用しています。
以前は会社の社員旅行があり、そのタイミングで同僚と風俗を楽しんでいました。
それが今では社員旅行が無くなり、チャンスが減って。
その分、日ごろからお小遣いを貯め、先に申しました通り、年に3度ほど東京に行った際に風俗を堪能しています。
そんな私が、「人それぞれ何だなぁ、楽しみ方は」と思ったは。
『ルサンチマン』という漫画を友人から借り、読んだ時のことです。
この漫画自体がそれなりに面白く、内容としてはオンラインゲームでバーチャルセックスしますよ、という内容です。近未来が舞台で、まさに本物の感触で楽しめる、もはやリアルな恋人がいらないという、そういう設定です。
その漫画の主人公は、話の中のゲームを知るまで、モテナイしがない作業員だったんですけど。
安い給料で、年に2度、ソープランドに行くことを楽しみにお金を貯め、仕事をしているのです。
ああ、こういう人もいるんだなぁ。年に2回かぁ。
でも、その2回は濃密で楽しいだろうなぁ。
そんなことを思いながら。
人それぞれ何だなぁと思ったのです。

風俗で働いている女性の体は、商売道具です。
一日、何本か入るので、客がつくたびに体への負担は上がっていきます。
仕事だから、当然といったらそれまでですが、やはり最低限のマナーは守って遊びたいものです。
仕事とはいっても、相手も気持ちのある人間だということを、決して忘れてはなりません。
ここらへんを忘れている人が多いので、デリヘルを利用する際の注意点をお話したいと思います。
まず、デリヘル風俗を利用するにあたって、女の子に嫌われる客層というのがあります。
爪が伸びている人、口臭の強い人です。
爪が伸びているだけではなく、屋外の仕事に従事する人で、爪に土や泥が爪の奥まで詰まった状態で、指マンをしようとする客も嫌われます。
水虫の激しい感染状態のまま、デリヘル風俗を呼ぶ人も嫌われます。
普通に考えてみてください、普通の足つぼエステだって足裏全体が水虫状態できたら、嫌がられます。
もしくは、店によっては断る場合もあります。
どうしても、水虫のある状態でプレイをしたいのなら、シャワーの後、
新品の靴下を履いたままプレイするくらいの、心配りは必要になってくるでしょう。
間抜けなスタイルですが、デリヘル嬢に事情を話せば良いことです。
ジュクジュクの水虫の足裏を晒して、SMプレイやら、激しい体位を取りたがるのは論外です。
靴下なぞ、100円ショップで売っているので、そのとき専用の新品の100円靴下を履けばいい話です。
それで靴下要らないよ、と嬢が言ってくれればそれはそれでいい話です。
汗臭いまま、いきなりコースの類の即尺やを利用する人もまた、嫌われます。
人は外出するとき、歯磨きをして、汗臭いのであれば軽く汗だけでもシャワーで流してから外出します。
風俗も、普通の社会生活の一旦である自覚を持って、マナーを守って遊びたいものです。
病気自覚のある状態や、病気治療の最中にデリヘル風俗を使う男性も嫌われます。
最近は、グループ組織ごと病院で月2回以上検査しているデリヘル風俗も多いので、要注意人物認定されると、ブラックリストにあがり、風俗を利用できなくなる危険性もあります。
客層が悪くなり、風俗求人に応募してくれる女性が減ったら、巡り巡って、遊ぶ側の男性に返ってくるだけの話なので、最低限のマナーは守って遊びたいものです。

外部サイト

梅田でホテヘル求人です:はてなジョブ
三宮風俗求人はおすすめです:ベストスマイル
優良なお店をお探しなら滋賀風俗です:京風
京都の風俗でおすすめはここ:キャンキャン
大阪激安風俗を利用したいなら:プライスマーケット

サブコンテンツ